ウォーキングポテズ

Facebookページ
walkingpotes2
Facebookにウォーキングポテズについて書いたのです。

自分では中々良い試みだと思っているのですが、、どうでしょう。つまりは表現者は宣伝も表現にしちゃいましょうっていうことなのですが。黙々と作り続けて展示会の時だけ爆発させるスタンスではなく。もっともっとDIYの可能性を開拓していきたいです。初期のYoutuberと呼ばれる人なんかは、DIYの極みのような気もする。自分でコンテンツを作って、自分で宣伝をする。(コンテンツって言葉は好きじゃない、けど、作品と言うのも違う気がしている) 今は、色々Youtuberが所属するレーベルみたいなのができて、状況は違うっぽいけど。今後は、小さなグループが活躍していくんだろう。今の自分はその為の布石として頑張っている。。 なんというか、今のこの自分の媒体で自分の別の媒体にフォーカスしてブログなんか書いているあたりは、”ヴェニスの商人の資本論”にでてくる、”媒介が媒介について媒介しはじめる話”というのに、似ている。負のスパイラルに入らぬよう気をつけよう。自分にとって大事なのは初期衝動によって表出されるものなのだから。ただ、初期衝動だけなら長く続かないので、こうやって媒介に媒介するような自分と自分の仲介を自分がやることによって、衝動っていう単発的な点が線になったり、形になったりするであろう。あとは色をどうつけるか。です。 色をつけるのだけは他人がやるのかもしれません。