REP WHAT

今日はF6サイズのキャンバスとF10サイズのキャンバス1枚描いた。 ずっとアフリカの音楽を聞いて、その後ジャック・ルーシェを聞いた。 一日の終わり、久々にアートワークを言葉にしたくなってしてみた。 本当にREP WHAT って感じだなー   フォーク・アートできないもどかしさが日本人にはあるなー。 勿論、日本固有の陶芸品や日本画なんかもあるだろうし、ただ、正直日本人だってだけであんまり知らないのに今更その中に入れないという。 ジャマイカにいて全然ラスタじゃない人はこんな感じか。 

そんな難しいことはあんまり考えてません。 ここ2年くらい音楽の中に即興に重きを置く音楽と構築に重きを置く音楽があることがとてもテーマで、自分はどちらも好きだけれど、自分の描くやり方は完全に即興だし、ジャズとクラシックがあったら98%ジャズな感じだ。 ロック でも、一音もずらさず演奏する人達は構築に近いし、全然音源に無かったソロプレイとかいれちゃう人達はジャジーだな。 あと陽大の店で楽器でセッションする時もそんな感じだし 周りの人は皆そんな感じだし、かっこ良くその場しのぎをしろという運命なのでしょう。

俳句を読みます って言って
ぽぴぴぴぴぴぱ ぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぃ ぴいいおぱ ぶ
みたいなのが今っぽい感じがして 自分はすごく嫌だ。 これは楽しめる人と楽しめない人がいるね。 いやいや、5・7・5っていうルールじゃねーか、それじゃあなんでも良くって、壁を殴って、これは俳句だと言ったって良いんじゃないか と、真面目なことを思う人はあんまり合ってないんでしょう。 なんだかんだキャンバスに絵描いて、アートですって顔してたい男がここに。