非言語

ずっと頭痛い。ほとんど何もできない 自分のやることのテーマは非言語性にある。描くものが全て言葉にできてはいけない 4コマポテズも言葉をタイトル以外使ってはいない そこから生まれる解釈の違いや誤解を受け入れる 見る人の想像力とか、そういうものを楽しみたい

今生きてる人達に星座が作れるでしょうか 皆で頑張って空想を作ろう 意外と、人間の共通言語は、ジェスチャーとか、表情なんじゃないのと思っています つまり今のところの4コマポテズは出来の善し悪しは別として、どこの国の人が見ても対して印象は変わらないんじゃないかと思う それは自分がずっとやりたかったことです 

小さい頃、何度かサーカスを見に行ったことを思いだす あの時の強い印象は忘れられない というのは、いつどこで誰が見ても、絶対、こいつらすげぇって、その国の言葉で思うはずの見せ物だった 物知りな人が見ても、無知な人が見ても、大人が見ても、子供が見ても、問答無用である、なぜならすごいパフォーマンスなのだから
別に自分は、非言語の方が言語よりすごいと言っているわけではなくて、只、自分は非言語なものが好きだというだけです(言葉の力も信じているからこそこの日記も書いているわけだし)

自分は究極的にはそういうものを目指したい。そういえば、エデンの東?だったか忘れてしまったが、少年を非行に走らせる映画だということで、映画の制作途中にチェックが入ったんだって。その制作途中の映画を見たエラい人達は、ジェームス・ディーンの演技にくらって、むしろもっとやってくれと言ったんだそう。カルチャーやパフォーマンスにはそういう力があるんだね

そんなわけで、ぶっ倒れそうになりながらこの日記を書いているので、止めます 明日には治っていますように 非言語については今後もっと書く