#ポテズ と、#poteandfriends っていうタグを使って面白くしていこうっと。
そういえばこないだ、
CITY BOKKAのページを作った。 BookBlockというjqueryプラグインを使って全ページめくれるようにしたのだ。webの上に紙の本を見る新鮮さがここにある。
アフリカの動画を見て、自分と同じ位、もしくは自分より大きい動物が身近にいたなら、人間と動物が別という風に思わないだろうな。と、感じた。 サイズ感というのは実は考えの多くを支配しているものだ。自分が蟻であったなら世界旅行などしなくても、東京一周だけで世界一周みたいなものだ。人間が見ている世界より蟻が見ている世界の方が広いのだ。なぜなら自分が小さいから。

曖昧な形に興味がある。色もそう。 昨日は寝れなくてテクノ を聴いた。電気グルーヴのやつは素晴らしかった。 なんとなく絵の音版という印象を受けた。 音と音が重なる時っていうのは、色の上に色をのせて上の色と下の色が見える感じ。紙の上の色っていうのは綺麗に混ざるわけではない。うまく混ざったり、全然馴染まずに反発しあったりする。青に赤をのせると綺麗に紫になるわけではないのだ。ノイズっぽい音を聞くとそれを思い出す。ノイズの中でも良いノイズと悪いノイズを人間自身が判断して一曲ができる。その工程。

LightningBoltっていうのを知った。

なんでも、DIYでやっている人達だという。 明らかに自分たちの向かう先はこっちの方にあるな。
新しい形を。。 ということでなくてアンテナだけ張ってれば運命みたいなものに導かれるだろう。もう道は間違えないな。