I know to be good

今から部屋を片付ける。その前にキャンバスに描こうと思って、4つも描いてしまった。全部素晴らしい出来。ポテズ4コマの衝撃からシーンを拝借した作品もある。これはぽてん2が楽しみだ。イライラした後の方が良いの描けたりするので、何も無駄でないってことだな。
すごく時間賭けたやつより今日のやつのが良い。 なんというか、絵に人間味とか、跡を残したいっていうのはすごく強くあるのだけど、努力の跡みたいなのはあんまり残したくない。例え努力があったとしてもそれが透けて見えるような余裕の無さみたいなのを消していこう。 ただ、クール過ぎるのはダメだな。  「ザ・お気楽・ホット」

誰かがキャンバスに描くことを格闘技に例えてたけど本当そんな感じあるな。相手がどう反応してくるのかわからない感じ。失敗した右ストレートめっちゃおもいっきり当たる時もあるからね、あ、それは失敗じゃないのか。

最近、カート・コバーン的な呪いから脱した。 それは何かというと、良い物を作るほど精神的には追い込まれてしまうのではないかという。 そういうタイプの人もいるのだろうし、正直、本当の本当に表現者たる人はそうなのかもしれないけど、 自分は別。 良い物作れば良い人生になる。平成の阿呆 平静で痴呆 が、BEST 今日の最後の作品なんて、「WORLD WIDE」っていうんだ。気持よく知能が低下している。 You Know You’re Right