ふらふら

ふらふらしてたら3日間も日記書くのが空いてしまった。そんな中でも箕浦建太郎さんの展示を阿佐ヶ谷に見に行ったり慧の展示を見に下北沢のレインボー倉庫に行ったり絵本屋に行ったりした。とにかく睡眠に悩まされる3日間であった。寝ては行けないタイミングで二度も寝てしまった。 アルバイト中にトイレに行ってそのまま寝てしまい怒られた。最低のやつであった。

箕浦さんの絵を買った!絵の原画を買うのは初めて。お守りみたいなイメージで持っていても良いということを言われて、そのとおりだなと思った。何も飾るでなくても、大切にどこかにしまっておいても良し!

高円寺のPockeというギャラリーも知り、行ってみた。オートモアイさんが展示をやっていた。僕は気づかなかったけれど、
“おおとも あい”っていう名前なんだ。考えたことなかった。Pockeの梯子を登ると白黒の世界が広がっていた。アートワークとしてやっていく路線みたいなものって、意識して作っていくというより無意識的にスタイルみたいなものがでてきて、年と共に固まっていくんだろうと、感じた。自分は何が好きなんだろうと考え続けていくっていうことなのかなぁ
自分が好きなものって難しい。嫌いなものは簡単に見つかるけれど好きなものは見つかりにくい。見つけても少しずつ変わっていってしまう。変わっていく好きなものを捕まえていかなければ。

今日の朝思ったことだけれど、”展示”というより”イベント”みたいなテンションで展示をやっても良いと思った。所謂、”アート”みたいな所から少し離れた人に絵を見てもらいたい。由緒あるギャラリーみたいな所でなくてバーとか、カフェとかで。一から企画までして会期中だけオリジナルのメニューとか作ってもらってできたら興味無い人でも楽しめるんじゃないか。
そういう感じでできればと思う。 まぁ、ここは焦っちゃダメだ。慎重にやる。 作ることは全然慎重にやらないけど。とにかく作れる時間は何か作る

作ったものを通して人と話す感じが好きだと思った。それは自分の作ったものでも、誰かが作ったものでも同じ。この人の考えていることや、感じていることをわかる気がするのはその時だけかもしれない。ものが無くて話す感じは何だかふわふわしすぎている。ふわふわさせない為にお金がどうとか友達がどうとか、そういう話をすることになることになるのだけれど、あんまりその話に興味が持てないのであった。話題を無理やり変える絵を描きたいです