ドローイング

やはり自分のドローイングは、複数のテクスチャを使い分けることによって成立しているという部分があるな。それは、デジタルソフトで貼付けてテクスチャを使い分けることとは異なる。現時点で使っている画材は油性色鉛筆、水性色鉛筆、クレヨン、パステル、ボールペン、鉛筆である。これはたまたま持っていたものを使っている。あり合わせのモノでブリコラージュを行い、ドローイングが完成していく。その時は色を塗るというよりも、クレヨンを使う、とか、色鉛筆を使う、という方がしっくりくる。色として塗れる部分を塗り付けていく。デジタルなイラストの場合は、塗るというよりも、色を置くという感じになる。絵に対して優位な立場にたって絵を描くのがPhotoshopやイラストレーターをはじめとしたデジタルな絵であり、絵と対等な立場にたって絵を描くのが手描きの絵であると思う。

絵に対して対等な立場とはどういうことか。色の上に色を塗れば二つの色が混ざる。”リセットすることはできない”ということになる。それを好きになるか嫌いになるか。優位に立ちたいか対等に立ちたいか。
優位に立ちたいとすれば、失うものがある。 それは偶然性から生まれたテクスチャであると思う。