2020年7月22日

昨日の夜、初めてHAWKWINDを聞いた! Silver Machineって曲。 イントロの、ぴゅぴゅぴゅぴゅ って音から既に持ってかれる。曲全体に激しい風の音みたいなのが覆い被さっていて、、その後ろでロックのライブをしているような感じの曲。とりあえず、iTunesの「はじめてのHawkwind」のコーナーを全部聞いてみることにする。

中学生〜高校生の時は色んなロックの曲聞いてたけど、その記憶の中のライブラリには無い音の塊だ。 いや、音としてはあるのだが聞いたこと無い組み合わせで曲になっているのでそう感じる?? 良く、久しぶりの友達と会うと楽器のセッションをするのだけれど、その時のギターの音もそこにある。録音用のスタジオではない所で録音した弦の手触りの音。 結構、やったことがある楽器のパートは感じることがある。ドラムはやったこと全然無いので、思うことが難しいなー。

一日一日一々一々歳をとっていくので、レビューみたいなこともできるようにしていきたい。 そういうレビュー言語がまだまだ下手っぴ。 絵を描く人、絵を見る人、演奏する人、聞く人、、発信と受信の垣根がだんだん薄くなってきている気がする。 受信をもっと上手くしていきたいなぁ。 アツくて素敵なファンを目指すみたいな。 どんどん素敵な感じ方ができるようになっていきたい 目に見える世界に目に見えない意味をつけて、可能性を膨らませて