2020年12月16日

一人の人が言ったり書いたりする全ての言葉の前に、個人的に という言葉がつく。世間的にや社会的にはあり得ない。 個人的にはそう思う。

Stay HomeやらGo to なんとかやら言われているらしい中で、自分が見つめていたのは自分のやるべきこと、作るものについて。 だったら良かったのだが、、自信、確信の対極にある迷い、混乱、悩みや弱さの中で足掻いている自分にとってそこに辿り着くのは困難なことだった。 起きたり、寝たり、働いたり、食ったり、お気に入りの好きな音楽を聴いたり、知らない音楽を聴いてみたり、本を読んだり、風呂に入って布団にうずくまる。 そのまま寝て起きたり、いてもたってもいられなくて散歩をしたりした。iTunesで音楽を聴きながら。 別にiTunesが好きってわけじゃない。他の方法を知らないだけだ。

絵を描くという言葉よりも作るという言葉が好きなのは作るという言葉は絵を描くこと以外のことも含んでくれるからだ。 職人気質、こだわり、一貫性を留年し続けている自分は、そうとも限らない とか、人による とか、違う考え方だって、言葉で言い尽くそうとすればキリが無いな。無限に喩えはでてくる。 決定を拒み続ける臆病さと広い可能性を見る勇敢さの違いは何だろう。 ミリ単位で変わるニュアンスの世界にいるのは恐ろしい。が、その中でなんとか生きていかなくちゃいけない。

頭の中がまとまらないので明日つづき書こう!