2020年12月11日

音楽を聴いてドローイングをした。 ドローイング、小さい紙、A4サイズ以内のサイズで何年もやっていて、なんだか進歩の無いような感じもしていたのだけれど、なぜかいつもそこに戻っていく。

道具や資金や環境に依存しないものが性に合っているかもしれない。いや、依存しないなんてことはあり得ないのだけれど、フラットに極めて近い状態でいたい。 ずっと大学ノートとコンビニで買ったボールペンで一からなにか作ってる人なんか最高だ。それは絵かもしれないし、ラップかも、小説かも、反省文か、将来の夢かもしれないし、現実にも空想にもなりうるっていう。 そんな可能性だらけのヤバいもの、ノートとペンを手に入れるのにかかるのは300円くらいか。

何にもなくても楽しめる人になりたい。バカにされても、変に敬われても、どこに住んでいても、歳をとっても、紙とペンがあれば帰って来れる場所がある自分は幸せだ。

酒飲んでしまって文章まとまらない。 寝よう。最近23時までに寝る日が増えた。 こどもかおじいさんみたいだ。 こどもの時は楽しかったし、おじいさんにも楽しめると思う。 ただ、おにいさんとおじさんをどうやって過ごせば良いのかがずっと難しい。 発明していくしかないですな。 こどもから一気におじいさんになってやる。